人気ブログランキング | 話題のタグを見る

10月です。

 10月です。定植の終わったキャベツ・ブロッコリー・レタス等は、順調に成長をしていますか?
今月中は、病害虫の予防を心掛けてくださいね。頑張った分だけ良い結果が出ると思います。
最近、家庭菜園の方から農薬に関する質問を多く受けます。安心・安全の不安が多いのですが基本的にスーパー等で販売されている野菜の安全性は食品衛生法で管理されています。その考え方を理解してもらう説明をします。スーパー等で不安をあおるような販売をしている店があると聞きますが30年以上前の事例で話をしているかと思われ問題があるかと思います。そのスーパーが流通野菜を本当に危険だと思っていれば販売をしないと思います。
野菜の付加価値は安心は当たり前で地元産で美味しさと新鮮さだと思いますがどうでしょうか?
 いよいよ11月よりは玉葱苗の販売が開始されます。過度の早い時期からの販売は、収穫前に花が咲いてしまいガッカリしてしまうので要注意です。苗の購入時の注意は、10月末からの購入と根元の太さが小指の半分位までのものを選びましょう。極度に細い場合は根づき難いし、太いものは花が咲く確率が高くなります。何年も花を咲かせている方は、この様な事を注意して購入をしてください。葉の長さは苗場の環境によりますので気にしないでください。玉葱苗の定植時期は、1月までなら十分成長し収穫可能かと思います。渥美の様に2月定植は、豊田では無理ですので気を付けてくださいね。何か不安な点がありましたら当店にお尋ねください。
玉葱の圃場に堆肥等の発酵物を入れる場合あらかじめ発酵の状態を見て未熟のものは、1か月以上前に投入し、時間が無ければ完熟の物を投入してもらえば定植後に発酵によって苗の枯れる事が少なくなると思います。完熟と袋に書いてあっても心配なものもあると聞きました。完熟をさせる為には時間が必要で手間も掛かっていますので販売価格は高いと思います。特売商品は避けるべきかと思います。
今月は、春キャベツの種蒔きも出来ます。品種と収穫時期によって播種時期が異なりますので当店にお尋ねください。
4月から薬味で食べる葱の種蒔きも、やり方によっては可能ですので関心のある方は当店にお尋ねください。
イチゴ苗の販売も、10月から始まります。随時入荷予定ですので入荷状況は問い合わせてくださいね。その場合、露地栽培であるなら定評のある品種を選ぶべきかと思います。話題性のある新しい品種で露地栽培も可能とか強いと表示をしていますがどの程度かが分かりませんので試す程度から始める事をお薦めします。
 ガーデニング苗も随時入荷予定ですがパンジーやビオラに関しては11月からの購入をお勧めします。高温時の購入や高原で育成された苗は、ヒョロヒョロになる危険性があるので要注意です。チューリップやユリの球根の販売も始まります。最近は低価格販売の球根が主流で輸入球根になり病気の発生が多く困ります。当店も輸入球根を販売していましたがあまりにも酷いのである程度安心できる球根以外は販売を中止しました。実績のある球根のみの販売ですが見に来てくださいね。最近、それに気づいたメーカーは自社生産球根をちょっと高いですが販売を開始しています。高くても国産球根が良いかと思いますが、生産者が持ちこたえられず廃業したところが多く数量が少なくなっています。低価格販売の量販店に納入する業者が多くこの先どうなるか心配なところもあります。
安かろう、悪かろうは考えないといけないと思いますが、選ぶのは消費者なのでこの流れが止まらなければ楽しい球根栽培はどうなるかですね。種子・苗・球根・肥料・用土等でも安いには訳があると言う事を独り言で言ってます。


# by tanetori | 2021-10-01 09:42 | 独り言 | Comments(0)

9月になりました。

 9月になりました。
秋野菜の種蒔きやキャベツ・ブロッコリー・レタス等の苗の販売も始まり忙しい月の始まりです。
毎年同じ事の繰り返しかもしれませんが畑の準備で発酵物(鶏糞・牛糞等)の投入は最低1か月前にした方が安全です。もし、今からの人は投入前に当店に相談をしてください。
秋ジャガの植え付けも始まりますが、畑の地温が高いので朝夕の気温の低下を確認し、種芋の芽が出てからの植え付けをお薦めします。
気温も朝夕の低下がはっきりして来ますので農家や菜園のベテランは、自分で判断をして種蒔きを開始します。もし心配なら当店に問い合わせてくださいね。玉葱種子の種蒔きは花が咲く危険性があるので注意をして下さい。
 先日、あるホームセンターで種子の特売をしていると聞きました。自分達の様に種で飯を食っている人間にとってはありえない事です。委託販売の種はスーパー(昔は八百屋)や雑貨屋にもありますが、基本的にホームセンターも同じレベルのものが売られているのが現状です。当店のHPでも言っているように「価格だけで判断されるお客様は遠慮してください。」とお願いしている気持ちの大半が種の品質と性能です。種だけではなく肥料・農薬にしても、情報にしても、理解をいただいている多数のお客様に支えられているから当店が存続している思っています。出荷農家は、理解していただいていますので問題はありませんが最近、問題なのは農業熟卒業間もない方や家庭菜園の方です。生産技術の低さや商品認識の低さで、産直店舗の品質低下が酷いと聞き見に行ってみると商品とは思えないものも並んでいます。産直は自由なのかもしれませんが指導を考えるか、あまりにもレベルの低いものを出荷される方に納品を遠慮してもらうお願いをするべきかと思いました。すでにスーパーの産直では検討に入っていると聞きました。ただ、家庭菜園の方は自己満足なので自由なのですが・・
出来る事なら、この方達に種の素晴らしさ、高品質で美味しい野菜は品種から始まる事を理解してもらいと願います。家庭菜園にしても美味しくて品質の高い野菜を楽しんでもらいたいものです。知り合いにそんな方がいたら誘って一緒に来店をお願いします。
最近はYouTubeにも菜園番組があり「種苗会社に物申す。」などと過激な命題のものもあり見てみると内容的には問題がありませんが種苗業界を馬鹿にするなとちょっとカチンと来たのは自分だけでしょうね。
このYouTubeでもひとつの品種を作るのに何年もかかり沢山の人たちの苦労を見せていました。自分が言いたいのは、「種子は雑貨ではありません、大切な財産です。」と言う事です。
既に、一部の種苗会社によって雑貨になっている部分もあるかもしれませんがスーパーに並んでいる野菜の品質の高いものを出荷する農家は決して種を疎かにしていません。このブログを読んで共感に近い気持ちを持った皆さんの為に他店では絶対に買えない種子や苗を少しでも多く販売をしていく努力をして行きます。何が違うのかと聞かれればスーパー等の出荷品種は味は度外視して見てくれが良く、病気に強く、日持ちのきく品種が大半です。当店のオリジナルは、美味しくて作りやすいと言う事です。一度当店のオリジナル種子・オリジナル苗をお試しください。
 ガーデニング苗の入荷は、酷暑の影響で9月中旬入荷予定です。パンジーの定植適期の11月まで楽しめる品種が来ますので覗きに来てくださいね。

# by tanetori | 2021-09-01 07:41 | 独り言 | Comments(0)

8月です。

 8月です。
7月下旬より人参・早生のキャベツ・ブロッコリー等の種蒔きが始まっています。今月から9月にかけて中晩生の種蒔きが続いていきますので出荷の方はすでに忙しくなっているかと思います。菜園の方も昨今の気候からみると8月の種蒔きで良いかと思いますので当店に問い合わせをしてください。苗の育成場所は、直射日光が一日中当たる所では無理ですので最初は朝だけで次に午前中日光が当たる場所に置く様にしてください。本葉が数枚で一日中、日光の当たる所に移動して定植までに慣らすことをお薦めします。間違っても寒冷紗で庭に日よけをして種蒔きをする事は高温になり発芽に失敗する事が多々ありますので気をつけてくださいね。苗場では、病虫害の予防に心掛けてください。特にシンクイ虫は最悪です。
 苗で植える野菜の圃場つくりは、種蒔きと同時進行で一か月の余裕がありますが大根等直播の野菜は8月上旬より準備をしないと発酵物の肥料等を入れる場合などは未完熟による発芽不良等の失敗が予想されるので注意をしてください。
キャベツ等野菜苗の販売は、8月中旬以降から順次始まりますので早めの圃場つくりが賢明です。もし遅れた場合は、当店に相談をしてください。最善の方法を提案します。
異常と言っていいほどの高温になっていますので、種蒔きのタイミングもここ数年変化をしてきています。秋ジャガや秋野菜の販売も始まりますが、心配な方は当店に畑の場所を教えていただき賢明な種蒔き時期を確認してから種蒔きを始めてください。豊田の南部と北部ではかなり種蒔き時期が変わってくると思いますので注意をしてくださいね。
 ガーデニングに関しては、熱帯以上の過酷な環境ですので維持をする事に重点を置きましょう。日中の灌水などは絶対に避けて朝早く行い、夕方の灌水は葉水や打ち水程度ですませましょう。それでも損傷が激しい場合は9月上旬に新しい植物に植え替える事をお薦めします。
 今年の春は、3月が高温で4~5月は朝夕の気温が低く色々な野菜に障害が多発しました。納得のいかない結果や疑問をお持ちの方は遠慮なく問い合わせをして下さいね。来年の対策にもなるかもしれませんよ。

# by tanetori | 2021-08-01 06:35 | 独り言 | Comments(0)

お宅の花と野菜はお元気ですか?

 7月になりました。お宅の花と野菜はお元気ですか?
今年の春は、4月から朝夕の気温が低く夏野菜の成長がおかしくなり残念な思いをされている方も多いと思います。
プロの生産者の方達も苦労をされており西瓜農家の方で「もう諦めた。」なんて言われている方もいます。
農業は、やはりお天道様あってのお仕事です。正しい時期に正しい作付けを行っても今年の様な事もあります。まして枯れたらもう一回買いに来ると言って夏野菜を販売している様な所で購入をしていれば良い結果などは出ません。
岡崎の大型産直では、4月15日以降しか夏野菜の苗の販売をしないと決めていると聞きました。まさにプロの販売です。
秋野菜にしても種蒔き時期や苗の購入は、正しい時期を確認してからにしましょうね。購入時期の問い合わせはお気軽にどうぞ。最近の夏は、熱帯化してきていて今までの感覚ではダメな事も多々あると思っています。種は蒔けば芽は出しますが生育環境が合わないと色々な障害が出る事もあります。今年の春に変わった色をしたカリフラワーやブロッコリーを持ち込んできた方がいました。結論は適応しない品種を蒔いた事による障害でした。ある程度、種蒔きや栽培に慣れて来るとありがちな事なのです今、お持ちの種子が現在栽培可能かを調べてから種蒔きをして下さいね。
夏野菜は、先月同様に病害虫の予防を心掛けてください。農薬使用の場合は散布後何日で収穫可能かをしっかり理解して気持ちの良い野菜を収穫してください。
いよいよ、今月の下旬よりキャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの種蒔きが始まります。同時に畑の準備を始めてください。お盆が明ければ白菜や大根等の種蒔きがやってきます。畑の準備は早めに行って肥料や堆肥の害が出ない様にしてください。
 ガーデニング苗では、熱帯になった豊田の夏でも元気に育つ品種を集める努力をしていますので見に来てくださいね。夏越の考え方や方法は、植物それぞれによって違いますのでお尋ねくださいね。
 

# by tanetori | 2021-07-01 07:43 | 独り言 | Comments(0)

6月になりました。

 6月になりました。
4月から気温が低く、夏野菜の定植時期を悩まれた方も多かったと思います。皆さんの夏野菜の成長は順調ですか?
今年の気候は、明らかに異常で農作物に多大な影響が出る可能性が高いと思います。あらかじめ予想をしておくべきで毎日、畑に行って観察をしてくださいね。
しっかり観察をしておかしいと思ったら、問い合わせをしていただければ的確な提案をしますので遠慮なくしてください。その時に口頭での問い合わせでなく、画像を持って来ていただけると一層正確な判断が出来ると思いますのでお願いします。
梅雨に入って排水対策の徹底と気温も上がり始めて病害虫の発生が多くなります。虫や病気の予防の徹底を心掛けてくださいね。最近は、今まで発生しなかった虫や病気が出て生産農家も苦労しています。家庭菜園も同じですので気を付けてくださいね。
収穫の終わったジャガイモや玉葱で気になったらお持ちいただければ判断が出来ると思います。そして秋野菜の為に余裕を持った土つくりを考えておいてくださいね。
 ガーデニングでも、最近の豊田市の夏は熱帯と言っても過言ではありません。場所にもよりますが今まで育っていた植物が暑さでダメになってしまう事も多々あります。当店では暑さに強いガーデニング苗を探して販売をしようと準備をして入荷が始まりました。暑さで夏にお悩みの方は見に来たり、問い合わせをしていただけると良いかと思います。
 菜園もガーデニングも基本的な事を理解していると失敗をして嫌な思いをする事が無いと思います。
ちょっとした事でも問い合わせをして、失敗の無い菜園やガーデニングを楽しんでくださいね。


# by tanetori | 2021-06-01 09:08 | 独り言 | Comments(0)