人気ブログランキング | 話題のタグを見る

春です。

 4月になりました、春です。
いよいよ本格的な菜園・ガーデニングの季節になって来ました。
4月上旬に関しては、気温が不安定なので一瞬の高温な日に惑わされるのではなく、最低気温で判断してください。夏野菜の定植は最低気温が10℃を安定して切らなくなってからにして下さい。
畑の準備は、出来ているとは思いますがまだ出来ていない方は、発酵物(鶏糞・牛糞・油かす等)の投入は絶対にやめましょう。定植後に発酵が始まり苗の損傷が出たり最悪は枯れてしまいます。石灰も直前投入可能なものを選んでください。
当店にお尋ねいただければ的確な方法を提案します。
 最近の量販店は、マニュアル的な販売展開をしていますのでその地域の気候や販売商品の功罪を理解していないと思われる指導をしている様に感じます。
失敗をするには、それなりの理由がありますので万が一、色々な障害が出た場合は画像を添えて問い合わせてください。記録を取っておけば次回からの失敗を防ぐ事が出来ますよ。
目安として夏野菜は豊田地区で4月15日以後の購入が望ましいと思います。猿投以北に関しては4月25日以降なら遅霜が下りない限り大丈夫だと思います。
春です。_f0202403_14351596.jpg
順調な生育の西瓜苗、間もなく出荷です。

信じられませんが、サツマイモ苗を4月中旬から販売をする量販店があります。
購入は4月末からにしてください。サツマイモは寒さに非常に弱いです。
夏野菜は寒さに弱い事だけは頭に入れて、売りたい一心の量販店に惑わされないで失敗の無い菜園を楽しみましょう。
 ガーデニングですが、一つの目安としてパンジーが高温でヒョロヒョロになり始めたら行うぐらいが的確だと思います。刈込をしても高温が現因ですので回復は望めません。
早く植え替えをしたい方は、寒さに比較的強いペチニア等の品種から選ぶと良いと思います。
分からない時は、的確な指示がいただけるお店での購入をお薦めします。
当店にも色々な苗が入荷して来ますので見に来てくださいね。

# by tanetori | 2024-04-01 08:17 | 独り言 | Comments(0)

3月です。

 3月です。
先月に提案した、ジャガイモの浴光催芽(芽出し)は順調ですか?
もう芽が5㎜以上になって定植した方もいるかと思います。2月の後半になって雨が多く圃場がぬかるんでいる場合は乾くまでちょっと我慢をしてくださいね。
昨年は2月末に植えたから植えたとか機械を触っているかのような事を言う方がいますが、生き物を触っている自覚を持って野菜の顔と畑の状態を見て判断をして下さいね。
生育が順調であろう玉葱ですが、3月に入ってからの追肥は避けた方が腐りが出にくいと思います。
念のために殺菌剤を3月上旬(2月下旬にしていない方)と3月下旬に病気予防のために使用をお薦めします。
3月になりキャベツ・ブロッコリー・レタス等苗の入荷が始まりますが、圃場の準備を優先してください。当然、茄子・トマト等の圃場の準備もしっかりしておいてくださいね。
量販店では、3月から4月に入って販売を開始する所がありますが、購入の判断は最低気温が10℃を安定して越えてからにしましょう。
多数の経験者は、無謀な早期定植を止めていますが一部の人は、「早く植えれば、早く出来る。」との幻想で購入をしています。ハッキリ言って適期定植のの方に、収穫時期も収穫量も負けてしまっている現状を理解するまで幻想は消えないかもしれません。
豊田市は、広いので北から南までの定植時期はかなり違います。岡崎市よりも遅い事を理解してくださいね。当店は4月13日(土)から販売予定ですが最低気温が確保できない場合は販売を遅らせたり来店客に納得をさせた販売をします。
栽培での問題点や悩みがありましたら何でも問い合わせをして下さいね。
菜園を楽しむ皆さんに、失敗をさせない情報を提供しながらの営業を目指します。
 ガーデニングのシーズンが到来しました。比較的寒さに強く夏まで楽しめる品種からの入荷が始まります。パンジーが綺麗で植える場所が無い方は4月中旬からのスタートかもしれませんね。
好評販売中なのが切花用の苗です。定植後満開になり切花にして肥料を与えるともう一度切花として使用できる優れものです。一度、試してみてください。
3月に入り、他店では買えない花苗が入荷予定です。ぜひ見に来て下さいね。

# by tanetori | 2024-03-01 07:52 | 独り言 | Comments(0)

2月になりました。

 2月になりました。
ジャガイモの種芋の販売も始まり、いよいよ春の菜園シーズンの始まりですね。
まず皆さんに言いたい事は畑の土の準備です。しっかりとした堆肥を購入し疲れた土の回復を考えて下さい。その時に堆肥以外の必要なものがあります。当店の様な専門店では販売をしていますが、ちょっと苦労をすれば投資をしなくても可能な方法があります。興味のある方は聞きに来てくださいね。
毎年ジャガイモの芽出しについて提案をしていますが、芽出しのメリットとして芽が揃い安定した収穫が可能になる事です。購入後、切って切り口の保護をして植えたより格段に芽ぞろいが違います。
絶対にお勧めします。方法としては、購入後カゴに並べ窓越しに日光浴をさせ頂点の芽は取って後は全体に日光が当たるように転がしてください。芽が5㎜位大きくなったらMサイズであれば半分に切って切り口保護材をつけて定植してください。2~3週間で定植です。(浴光催芽と言います)
2月になりました。_f0202403_08260177.jpg
                過去の芽出しの画像です。

実践した方からは、良い結果が出たと喜んでもらえています。
人参・大根のトンネル栽培やキャベツ・レタス・ブロッコリーの温床栽培も始まります。
温床栽培ですからハウスで電熱線を敷いて地温を上げてください。地温が低いと発芽不良をおこしたり揃いが悪くなります。気をつけてくださいね。
その場合の散水ですが午前中に直接水道ではなく貯め置きをした水を与えて下さい。地温を上げているのに冷や水をかけるのはおかしいですよね。午後の水やりは生育に問題が出ますので絶対に避けましょうね。
エンドウの苗を1月まで販売をしていましたが、今年も早蒔きをして枯らしてしまった方が多数来店をされました年内蒔きで芽が出れば良いくらいの感覚で良いと思いますので今年は失敗しない様にお願いします。
今月下旬より、宿根草や切花の苗・花木や果樹苗の入荷が始まります。
秋よりも春に植えた方が格段に根付きますのでお試しください。庭木や果樹は、寒肥の季節です、忘れないでくださいね。
その他、疑問な点がありましたら当店にお尋ねください。


# by tanetori | 2024-02-01 08:21 | 独り言 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
昨年は、異常と言っても過言ではない高温基調で生産農家だけでなく菜園やガーデニングの皆さんは苦労をされたと思います。
基本を理解されている方は、最高・最低気温を考えた種蒔きや苗生産をされて好結果を出したと聞きますが全ての皆さんがそうではなく、今までがそうだったとか、いつも通りやっているぐらいの考えで生産をして結果が出なかったと聞きます。豊田であれば基本的にこの時期からと言う事を分かっている人、この気候であればこうすれば良いと理解している人は意外と簡単に良品の物を生産をしてると聞きます。
今年は、来店されたお客様と菜園やガーデニングの基本を大切にした提案をして良い結果が出る事を目標に営業をして行きたいと思っていますので宜しくお願いします。
 1月の作業は、畑にある品目の管理・鳥害対策そしてトンネル栽培の人参の種蒔き、2月からはトンネル大根の種蒔きが始まります。トンネル大根は地温が必要ですので早めに畝をつくり透明マルチを敷いて地温を上げる作業をすると立派な大根が出来ると思います。
それと夏野菜の苗を定植する圃場に堆肥の投入を始め、圃場の準備をする時期だと思います。多少未完熟な堆肥でも、この時期からの投入であれば問題なく4月中旬の苗定植までには間に合います。出来れば良質な堆肥を販売しているお店での購入をお薦めします。
ジャガイモの種芋の販売も始まりますが、年内から販売している物は2月下旬以降の定植時に萎れてしまい良くありません。深く植えれば問題ないと言っている方もいますが収穫時期はほとんど変わらないので適期の定植をお薦めします。2月にジャガイモの定植は詳しく説明しますのでジャガイモの種芋の購入は1月末以降本州入荷種芋なのか確認をして購入をしましょう。
菜園用の種子も入荷して来ます。種蒔き時期の基本を理解して購入し、無理な早蒔きは失敗の元ですので発芽温度や日照時間の基礎を理解して種蒔きをしてください。
 これから菜園を始めたい皆さんで基本的な知識や情報が欲しい方は、是非とも来店をいただき何が一番大切なのかを話の中で理解して欲しいと思っています。一度話をして理解していただけなくても何かが見つかるかもしれません。時間があれば来店をしてください。
今年もよろしくお願いします。

# by tanetori | 2024-01-01 03:59 | 独り言 | Comments(0)

今年も一年ありがとうございました。

 12月になりました、今年も一年ありがとうございました。
今年の夏は、熱帯と言っても過言でない暑さで種蒔きや苗つくりで考えられない事が起きました。
プロ農家が生産過程で失敗を繰り返す事例が多数あり、賢明な農家は、原因の究明から対応を行い何とか出荷が出来る所までなってきたと聞いています。
ところが菜園経験が数年あり、ちょっと自信を持ち始めた方は、例年通り生産しているのにおかしいと頭を抱え対処が出来ないで失敗と言う結果になった方も多かったと聞きます。
農業は、天候が大きく結果に左右します。機械を作っている訳ではありませんから例年通りとかはありません。経験を活かし対処しないといけない事が分かった方は、来年から良い結果が期待できるのではないかと思います。
基本を思い出し、自分の都合で行っていた生産方法を謙虚に見直す事が大切だと思います。
特に、人より早く生産出荷したいと思う事が非常に難しくなっている事を実感し考え直す事を提案します。
玉葱苗の販売も落ち着きましたが、まだ植えて無い方は今年中に植えれば豊田では収穫可能ですので入手に困れば当店にお尋ねくだい。渥美の様に2月定植は無理ですのでご理解ください。
野菜苗は、エンドウ苗位になり小さい苗を12月に植えましょう。畑にある野菜は、鳥の害が予想されるので対策を考えて行いましょう。
 毎年の様にシクラメンの話をします。今、花屋さんに並んでいるシクラメンは開花を促進するホルモンや早く花が上がる品種が多いです。今年は、気候の関係で花が異常に早まっています。
素晴らしく綺麗な物もありますが1月になると花が咲かなくなる事もあるかと思います。栽培技術の進化によって簡単に大量に生産できるようになり販売価格も安価になり、お歳暮商戦に開花が満開にコントロール出来る様になって来ていますが今年は出荷時期が早まっているみたいです。
昔のシクラメンは年末の花で価格が高く、ちょっと贅沢をし購入をして、お正月は玄関に飾り、その後は日当たりの良い場所に移動すれば春まで咲いてくれる花でした。
現在も、そんな品種を生産して販売をしている生産者がいます。価格もそんなに高いものではありませんので、春まで自宅で楽しむ為に購入をしてみてはどうでしょうか?
当店でも例年、12月中旬より販売をしています。春まで咲かせる方法を説明しますので理解して挑戦をして楽しんではどうでしょうか?
今年も一年ありがとうございました。_f0202403_09340224.jpg
画像は、昨年販売のシクラメン
 猛暑で入荷が遅れていた、パンジー・ビオラ苗も品質が良くなりました。まだ定植がしてない方は見に来て下さいね。カサブランカ等の百合の球根も12月上旬なら十分定植が出来ますので、植えてみてはどうでしょうか?
農家専用種子や苗・菜園種子や苗や資材・ガーデニング苗や資材を当店の価値観で販売をして来ました。出来るだけお客様の声を聴き、当店の考えを提案して来ました。来年も他店では聞けない情報や生産のヒントを提案していきたいと思っていますので宜しくお願いします。
今年も一年ありがとうございました。

# by tanetori | 2023-12-01 10:37 | 独り言 | Comments(0)