人気ブログランキング |

5月の菜園・ガーデニング

5月になりました。
4月28日に、お客さんから野菜苗が風が強く折れたとか霜が降りて枯れてしまったと聞き20日過ぎれば野菜苗の定植は大丈夫だと言っていた自分ですが、お客さんに申し訳ないと感じた4月でした。やはり昔から「八十八夜の別れ霜」と言うように慎重に苗販売をしなければいけないと反省の4月でもありました。
5月になり気候も4月よりは安定して来ると思います。5月まで野菜苗の定植を遅らせた皆さんに提供する野菜苗も多数そろえていますのでご来店を宜しくお願いします。(オリジナル野菜苗は、在庫が無くなり次第販売中止とします。)これからは菜園作業が楽しくなると思いますが気候が安定して成長が順調になると病害虫対策をしっかりしないと残念な結果が出てしまいます。被害が出てからでは気持ちが悪い事が多いので予防を心掛けましょう。予防であれば体に易しい農薬で大丈夫なのでお勧めします。最近はスマホの画像で判断できるので、問い合わせの場合は画像を持って来て頂けると適切なアドバイスが出来ますのでお願いします。サツマイモ苗は予約販売ですので宜しくお願いします。お渡しは5月5日以降を予定しています。
ガーデニングでは、パンジーやビオラがヒョロヒョロとしてきたら植え替え時です。切戻しをしても伸びるだけですので夏の花苗の購入をお勧めします。暑さに強い花苗が順次入荷予定ですので見に来てくださいね。
今年は菜園でもガーデニングでも他店では、思いつかない様な提案をいろいろ考えています。確実に皆さんに喜んでいただける事から提案をして行こうと思っていますので楽しみにしていてくださいね。

# by tanetori | 2019-05-02 08:09 | 独り言 | Comments(0)

4月になりました。

 4月になりました。里芋・ショウガの種芋の販売が始まります。里芋は、畑の片隅に仮植えをして芽出しをしてからの定植だと芽が揃って生育が良いと思います。ショウガは、購入後に温かい場所に置いて芽が出始めたら切り分けて定植をする事をお勧めします。西瓜等の瓜類の苗は、ホットキャップを掛けるので10日過ぎからで良いかと思います。
f0202403_8383024.jpg(左の写真は、出荷を待つ苗の状態です。4月中旬には最適な大きさになる予定です。)
アクリルで出来た苗帽子は保温効果があるとしてもてっぺんに穴が開いていて虫の入り口にもなるのでお勧めはしません。ナス・トマト等の苗に関しては15日過ぎで気温が落ち着いてからの購入をお勧めします。
風よけで肥料袋を使用の方を見かけますが、しっかりした苗なら短い支柱で問題は無いと思います。 当たり前な事ですが、虫は黄色と青色に集まって来ますね、肥料袋を使うとしても青と黄色は避けるべきかと思いますがどうでしょうか?
サツマイモに関しては5月からと決めておいてください。野菜に旬があるように野菜苗の定植時期にも旬があります。生産者の都合とか販売店の都合に合わせる必要はありません。産直販売の苗生産者は本当に旬を理解しているのか?産直の店舗を運営している組織は旬を理解しているのか?と自分は疑問に思ってしまう4月です。皆さんの判断で失敗しない菜園を楽しんでくださいね。
 ガーデニング苗の販売も種類が増えて来ましたが、今年は切花用苗の充実も挑戦して来ました。切花用苗を中心におけば高さの変化も楽しめますので挑戦をしてみてはどうでしょうか?ちょっと面白い寄せ植えの芯になる様な植物も販売を開始しますので見に来て下さいね。
 最近、堆肥の良質な物が無いとの意見から完熟の堆肥の販売を開始しました。匂いもほとんどありません。失敗しない野菜用の有機元肥も隠れた人気者です。失敗しない菜園・ガーデニングの相談は何時でもお受けしますのでお気軽にお尋ねくださいね。


# by tanetori | 2019-04-01 07:48 | 独り言 | Comments(0)

3月です。

3月になりました。
春になった様な温かい毎日ですが、寒さが戻って来る可能性は高いとおもいますので例年通りの作業計画で考えた方が賢明かと思います。
春野菜の圃場つくりも今が一番楽に出来ますので、堆肥の投入を行ってください。今年から完熟堆肥のリニューアルをしましたので堆肥でお悩みの方は問い合わせてください。
タマネギのベト病予防も3月・4月に1回づつ予防薬の散布を行えば発生率が格段に落ちますので検討してください。方法等は問い合わせをいただければお教えします。
ジャガイモの植付けも3月が適期で、先月に説明した浴光催芽を行って芽が5㎜~1㎝揃ったら定植してください。欠株が少なくなり良い結果が出ます。定植時に肥料等は与えないで寄せ土の時に追肥用の肥料を与えれば失敗はありません。定植が遅れた場合、4月でも十分収穫が出来ますので安心をしてください。
今月下旬から里芋・ショウガの種芋が入荷します。里芋は購入後、仮植えをして芽出しをして定植をすれば安心です。ショウガは寒さに弱いので購入後、温かい場所に置き芽が動き出したら定植をしましょう。サツマイモは当然4月末~5月の植付けを守ってください。
夏野菜苗の購入は、西瓜等の瓜類はホットキャップをかけるので4月10日以後にして、ナス・トマト等は4月20日以降の購入が安全かと思います。遅霜の被害を受けない様にしたいですね。
 今年は、ハイレベルな切花用苗の販売も行います。花壇に植えても草丈が1m位になって楽しめて品種によっては宿根草もあります。ちょっと変わった果樹苗(ポット苗)も随時入荷予定ですので来店をお願いします。
寄せ植え鉢の展示販売も開始します。随時入荷ですので参考にするのも良いかと思いますのでご来店をお待ちしています。


# by tanetori | 2019-03-02 15:55 | 独り言 | Comments(0)

2月になりました。


 2月になりました。いよいよ春の菜園シーズンの始まりですね。
毎年言っていますが、ジャガイモの販売で12月から販売している所がありますが経験された方は分ると思いますが、それを購入し3月中旬に植え付けをする時に萎れてしまって酷い物はカビがはえてしまいます。それを防ぐために当店は入荷時期を1月下旬に指定して2月上旬より販売を開始します。そして窓越しに日光を当てて目出しをしてください。約5㎜程度の黒い芽が出れば切り口に灰等をつけて植えれば芽も良くそろったジャガイモ畑になると思います。
1月に購入し寒い中に深く植えるなんてジャガイモにストレスをためる事をしなくても3月に植えれば良い結果が出ますので参考にしてください。
f0202403_09041947.jpg
                       (画像は前年のものです。)
ジャガイモ以外にもトンネル栽培の人参や大根の種蒔きが始まっています。4月下旬には夏野菜苗の定植が始まります。その為の畑の土つくりの時期が2月でしょう。良質な堆肥を投入して野菜の育ちやすい畑にするには最適な時期です。毎年、苗定植直前に畑の準備をして投入した堆肥や元肥が劣悪なもので苗に損傷を与え嫌な思いをする人を見かけます。堆肥は品質で選ぶこと、元肥に関しては性格を認識した投入量・投入時期を守る事を提案します。購入時にしっかりと説明を聞く事が大切です。当店は今期から良質な堆肥をリニューアル販売します。ぜひ試していただき、堆肥による事故を減らしてもらいたいと思っています。
 ガーデニングに関しては、生産者と相談して新しい提案を考えています。春のシーズンから少しづつ提案をしていきますので、当店に足を運んでいただけるとありがたいです。
肥料・農薬の情報もしっかり提案しますので菜園・ガーデニングを楽しんでくださいね。

# by tanetori | 2019-02-01 07:23 | 独り言 | Comments(0)

新年 あけましておめでとうございます。

 新年 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
昨年は、生産者の皆さんとは新品種の検討、産直関連の皆さんと新しい取り組みをしたり、家庭菜園においては美味しい品種の提案等で当店として、ある程度の反響と評価を頂いたと感じ嬉しかった年でした。
今年は一層、豊田において当店の存在価値を評価していただける営業をしたいと新しい提案を考えておりますので宜しくお願いします。特に最近の野菜において過度に安心・安全を強調した販売をするスーパー等を見かけます。現在の農薬にしても栽培方法にしてもかなりの配慮がなされています。食品衛生法で管理されている事から安全性は信頼しても良いかと思います。日本は、それほどいい加減な国では無いと自分は思っています。納得が行くまでお話をしますので興味のある方はご来店をお待ちしています。
1月はまず、トンネル栽培人参の種蒔きから始まります。2月上旬よりトンネル栽培大根の種蒔きも始まります。1月いっぱいであればエンドウ苗・玉葱苗の定植も何とかなるので入手が出来れば定植を考えても良いかと思います。同時に春野菜の畑の準備を開始してください。良質な堆肥の投入は1月~2月上旬に行えば定植時に安心です。ジャガイモの販売を既に始めているお店もあるかと思いますが、キタアカリ等の購入を早くすると定植までに萎れてしまい嫌な思いをしますので購入は2月に入ってからにして芽出しを行い3月中旬定植を目標に作業をして下さい。目出しの方法は来月に提案します。新しい生産を検討されている方は、相談いただければ可能な提案をさせて頂きますのでお問い合わせをください。
今年の春は、大量ではありませんがちょっとランクの高い切花用の苗を店頭に並べます。段階的に入荷予定ですので見に来て頂けると嬉しいです。

# by tanetori | 2019-01-02 07:49 | 独り言 | Comments(0)