人気ブログランキング | 話題のタグを見る

10月です。

 10月です。定植の終わったキャベツ・ブロッコリー・レタス等は、順調に成長をしていますか?
今月中は、病害虫の予防を心掛けてくださいね。頑張った分だけ良い結果が出ると思います。
最近、家庭菜園の方から農薬に関する質問を多く受けます。安心・安全の不安が多いのですが基本的にスーパー等で販売されている野菜の安全性は食品衛生法で管理されています。その考え方を理解してもらう説明をします。スーパー等で不安をあおるような販売をしている店があると聞きますが30年以上前の事例で話をしているかと思われ問題があるかと思います。そのスーパーが流通野菜を本当に危険だと思っていれば販売をしないと思います。
野菜の付加価値は安心は当たり前で地元産で美味しさと新鮮さだと思いますがどうでしょうか?
 いよいよ11月よりは玉葱苗の販売が開始されます。過度の早い時期からの販売は、収穫前に花が咲いてしまいガッカリしてしまうので要注意です。苗の購入時の注意は、10月末からの購入と根元の太さが小指の半分位までのものを選びましょう。極度に細い場合は根づき難いし、太いものは花が咲く確率が高くなります。何年も花を咲かせている方は、この様な事を注意して購入をしてください。葉の長さは苗場の環境によりますので気にしないでください。玉葱苗の定植時期は、1月までなら十分成長し収穫可能かと思います。渥美の様に2月定植は、豊田では無理ですので気を付けてくださいね。何か不安な点がありましたら当店にお尋ねください。
玉葱の圃場に堆肥等の発酵物を入れる場合あらかじめ発酵の状態を見て未熟のものは、1か月以上前に投入し、時間が無ければ完熟の物を投入してもらえば定植後に発酵によって苗の枯れる事が少なくなると思います。完熟と袋に書いてあっても心配なものもあると聞きました。完熟をさせる為には時間が必要で手間も掛かっていますので販売価格は高いと思います。特売商品は避けるべきかと思います。
今月は、春キャベツの種蒔きも出来ます。品種と収穫時期によって播種時期が異なりますので当店にお尋ねください。
4月から薬味で食べる葱の種蒔きも、やり方によっては可能ですので関心のある方は当店にお尋ねください。
イチゴ苗の販売も、10月から始まります。随時入荷予定ですので入荷状況は問い合わせてくださいね。その場合、露地栽培であるなら定評のある品種を選ぶべきかと思います。話題性のある新しい品種で露地栽培も可能とか強いと表示をしていますがどの程度かが分かりませんので試す程度から始める事をお薦めします。
 ガーデニング苗も随時入荷予定ですがパンジーやビオラに関しては11月からの購入をお勧めします。高温時の購入や高原で育成された苗は、ヒョロヒョロになる危険性があるので要注意です。チューリップやユリの球根の販売も始まります。最近は低価格販売の球根が主流で輸入球根になり病気の発生が多く困ります。当店も輸入球根を販売していましたがあまりにも酷いのである程度安心できる球根以外は販売を中止しました。実績のある球根のみの販売ですが見に来てくださいね。最近、それに気づいたメーカーは自社生産球根をちょっと高いですが販売を開始しています。高くても国産球根が良いかと思いますが、生産者が持ちこたえられず廃業したところが多く数量が少なくなっています。低価格販売の量販店に納入する業者が多くこの先どうなるか心配なところもあります。
安かろう、悪かろうは考えないといけないと思いますが、選ぶのは消費者なのでこの流れが止まらなければ楽しい球根栽培はどうなるかですね。種子・苗・球根・肥料・用土等でも安いには訳があると言う事を独り言で言ってます。


by tanetori | 2021-10-01 09:42 | 独り言 | Comments(0)
9月になりました。 >>