人気ブログランキング | 話題のタグを見る

8月ですね。

 8月になりました。
毎日、暑い日が続いていますがキャベツ・ブロッコリー等の種蒔きが始まりました。
熱帯に近い環境の中で行う作業は人間にも野菜にも過酷です。出来るだけ快適な環境にして失敗のない様に心掛けて下さい。最近の種子はコート種子が多くなってきています。高温の場所で蒔いた場合に発芽不良になる場合がありますので種蒔き場所の環境には十分に配慮をしましょう。
購入した種子にしても温度と湿度に配慮したところに種蒔きまで保管をしましょう。
特に玉葱の種子はデリケートだと思いますので気をつけて下さいね。
種蒔き時期においては早く蒔けば早く出来るなんて考えは捨てて下さい。ちゃんとそれぞれの野菜に最適な種蒔き時期がありますので豊田では何時が最適かを確認して種蒔きをしましょう。収穫前になって嫌な思いをする場合もありますので注意事項を問い合わせして頂けばそれぞれの野菜についてお答えします。
 秋ジャガの種芋も販売が始まりましたが売っているから植え付ける時期と判断しないで下さい。地温が高い間は植え付けは出来ないので9月になり地温が下がり種芋の芽が出始めてからの植え付けをすれば失敗をする事は無いと思います。
種芋は出来るだけ大きさの揃ったものを購入しておけば芽の揃いも良く収穫の結果も良くなりますので心掛けてください。
 お盆明けからはキャベツ・ブロッコリー等苗の販売が始まります。定植時の病虫害の予防は絶対に考えておいてください。11月までの予防を心掛けた人は収穫の結果が良いと思います。
 人参・大根・法蓮草等の直播をする品目については雨が降らない場合にジョロ等で水をかけても発芽を的確にさせるだけの水量が確保出来ません。雨の降る前日に種蒔きをするとか畝間に水を流し込み畑の土が落ち着いてからの種蒔きをするくらいの水量が必要だと言う事を理解してください。
圃場の準備も、お盆前までに行っておけば余程発酵程度の低い堆肥でも定植までには障害が出ないと思います。堆肥でお悩みの方は何時でも問い合わせてください。
 ガーデニングですが、今月は我慢の月として植物の維持を考えて下さい。何時までの進歩の無い植物を売っている自分達にも責任があると思いますが。熱帯に近い環境でも育つ品種に転換する必要があるとは認識をしていますが不十分です。
9月上旬になり回復の兆しが出てきた植物から刈込や追肥をして秋に楽しみましょう。もしくは9月上旬に元気な植物に植え替え11月のパンジー等の植込みまで楽しみましょう。

by tanetori | 2023-08-01 06:14 | 独り言 | Comments(0)
<< 9月になりました。 7月です。 >>