人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今年も一年ありがとうございました。

 12月になりました、今年も一年ありがとうございました。
今年の夏は、熱帯と言っても過言でない暑さで種蒔きや苗つくりで考えられない事が起きました。
プロ農家が生産過程で失敗を繰り返す事例が多数あり、賢明な農家は、原因の究明から対応を行い何とか出荷が出来る所までなってきたと聞いています。
ところが菜園経験が数年あり、ちょっと自信を持ち始めた方は、例年通り生産しているのにおかしいと頭を抱え対処が出来ないで失敗と言う結果になった方も多かったと聞きます。
農業は、天候が大きく結果に左右します。機械を作っている訳ではありませんから例年通りとかはありません。経験を活かし対処しないといけない事が分かった方は、来年から良い結果が期待できるのではないかと思います。
基本を思い出し、自分の都合で行っていた生産方法を謙虚に見直す事が大切だと思います。
特に、人より早く生産出荷したいと思う事が非常に難しくなっている事を実感し考え直す事を提案します。
玉葱苗の販売も落ち着きましたが、まだ植えて無い方は今年中に植えれば豊田では収穫可能ですので入手に困れば当店にお尋ねくだい。渥美の様に2月定植は無理ですのでご理解ください。
野菜苗は、エンドウ苗位になり小さい苗を12月に植えましょう。畑にある野菜は、鳥の害が予想されるので対策を考えて行いましょう。
 毎年の様にシクラメンの話をします。今、花屋さんに並んでいるシクラメンは開花を促進するホルモンや早く花が上がる品種が多いです。今年は、気候の関係で花が異常に早まっています。
素晴らしく綺麗な物もありますが1月になると花が咲かなくなる事もあるかと思います。栽培技術の進化によって簡単に大量に生産できるようになり販売価格も安価になり、お歳暮商戦に開花が満開にコントロール出来る様になって来ていますが今年は出荷時期が早まっているみたいです。
昔のシクラメンは年末の花で価格が高く、ちょっと贅沢をし購入をして、お正月は玄関に飾り、その後は日当たりの良い場所に移動すれば春まで咲いてくれる花でした。
現在も、そんな品種を生産して販売をしている生産者がいます。価格もそんなに高いものではありませんので、春まで自宅で楽しむ為に購入をしてみてはどうでしょうか?
当店でも例年、12月中旬より販売をしています。春まで咲かせる方法を説明しますので理解して挑戦をして楽しんではどうでしょうか?
今年も一年ありがとうございました。_f0202403_09340224.jpg
画像は、昨年販売のシクラメン
 猛暑で入荷が遅れていた、パンジー・ビオラ苗も品質が良くなりました。まだ定植がしてない方は見に来て下さいね。カサブランカ等の百合の球根も12月上旬なら十分定植が出来ますので、植えてみてはどうでしょうか?
農家専用種子や苗・菜園種子や苗や資材・ガーデニング苗や資材を当店の価値観で販売をして来ました。出来るだけお客様の声を聴き、当店の考えを提案して来ました。来年も他店では聞けない情報や生産のヒントを提案していきたいと思っていますので宜しくお願いします。
今年も一年ありがとうございました。

# by tanetori | 2023-12-01 10:37 | 独り言 | Comments(0)

11月です。

 11月です。
玉葱苗の販売が開始しました。「10月に大きな極早生苗を販売している店舗がある。」との問い合わせがあり「これは出荷農家の苗ではありませんか?もし店頭販売であれば収穫は、葉が倒れる前に収穫をして下さい。葉が倒れるまで放置した場合、芯がでる場合があります。」と言って対応をしています。
適期に蒔いた極早生玉葱苗は10月末~11月上旬に植えて3月中下旬には収穫可能です。後で嫌な思いをする可能性のある苗の購入は避けるべきかと思います。購入をしなければ残りますのでその様な販売をする店舗が無くなると思います。
玉葱苗の購入の注意点は、苗の長さより根元の太さです。小指の半分位のの太さが理想です。太いものは収穫前に花が咲いてしまう危険性があり、細いものは定植後に消滅をしてしまう場合もあると思います。豊田での定植は畑が凍らない限り年内なら確実に収穫可能ですので家庭菜園の方は11月購入をお薦めします。イチゴ苗は酷暑のせいで良品の入荷が遅れていましたが入荷が始まりました。4~5月どりキャベツ苗も入荷が始まりました。柔らかい美味しい品種ですので植えてみてください。
 秋野菜の生育も気温が下がり順調に育っていると思いますが、今年は病害虫の発生が非常に多かった印象を受けます。予防に心掛けていた方は何とか乗り切ったと聞きますが、産直さんであいかわらず人より早く出荷しようと無理な早蒔きをされた方は苦労をされていたと聞きます。「もう来年は早蒔きは止める。」と言っていますが、1年後は怪しいです。
11月からは病虫害も少なくなってきますが、ここからは鳥の害を頭に入れておいてください。秋冬野菜や今月から販売をする春キャベツ苗は要注意です。早めの対策をお薦めします。
 ガーデニング苗の植え付けはちょっと気温が下がった今月くらいからが最適です。順次入荷して来ますので来店をお願いします。百合等の球根の定植も最適です。来店をお願いします。
暑さで生産に大苦戦をして良品が少なかったパンジー・ビオラ苗がやっと入荷をし始めました。
ぜひ、見に来てくださいね。

# by tanetori | 2023-11-01 07:03 | 独り言 | Comments(0)

10月です。

 10月になりました。
熱帯と言ってもおかしくない9月に秋冬野菜の種蒔き・苗つくり・定植で苦労をしたり失敗をした方もあったと思います。種蒔き時期や定植時期をかなり考え直さないといけないのではないかと考えるこの頃です。
昨年までは出来たとかいつも通りやっていると言われる方がいますが気候はいつも通りではないという認識を持たない限り失敗の可能性はどんどん高くなると思います。現実を謙虚に受け止める事が出来ないと良い結果が出なくなると思います。
そうなると迷路に入ってしまって改善の方法が見つからなくなってしまします。そんな時は当店に問い合わせてもらえば改善のお手伝いが出来るかもしれません。
 9月早々から白菜を売っている店舗があると問い合わせを受けましたが、購入をされた方は残念な結果が出るのではないかと心配をしています。例年から考えても豊田では無理だと思います。
それと、暑い時に黒マルチをして白菜を定植して枯れてしまったとの話を聞きました。テレビやYouTubeの情報で作業をされたそうですが産地の猿投で大根や白菜の生産者はマルチなどはしていません。全てが正確な情報ではないとの認識をもってくださいね。
 10月は何よりも病虫害の予防が大切です。どんな方法を選ぶのかは皆さん次第ですが入手した情報でしっかり行って下さい。もし良い結果が出なかった場合は、その情報に問題があるのかも知れませんので困ったら、当店に問い合わせをしてください。原因と対応策を提案します。
 イチゴ苗の販売が始まると思いますが、こんな年は購入を遅らせるか、苗の出来具合をしっかりチェックしてください。暑さで弱った苗では結果は決して良くありませんので注意です。
同じように毎年言いますが玉葱苗の販売時期と購入時期です。早生に関しては若干の早蒔きをしても花が咲く事が無いので10月末からでも大丈夫だと思いますが10月中旬からの購入に関してはお薦めをしません。晩生種に関しても根元の太さを見て小指の半分くらいの太さなら良いと判断をして下さい。10月末~11月からの購入を考えて下さい。玉葱苗は今年中に定植をすれば土が凍らなく活着をすれば収穫可能です。渥美の様に2月定植はちょっと無理だと思います。
 ガーデニングに関しては異常な暑さの中での栽培や苗の回復が遅れており、やっと店頭に苗が並び始めました。11月まで楽しみ、それ以降はパンジー等の春まで楽しめる苗が順次入荷してくると思いますので計画を立ててくださいね。


# by tanetori | 2023-10-01 07:36 | 独り言 | Comments(0)

9月になりました。

 9月になりました。
秋野菜の種蒔き・苗の植え付け・苗つくりが始まりましたね。今年,一番多く聞いた失敗例はキャベツ等の苗つくりでヒョロヒョロになってしまったと言う事です。
異常な厚さなので日よけを過度にした事が現因ですが気持ちは分かります。
対処方法に自信のない方は苗場の環境によって違いますので当店にお尋ねください。
畑での種蒔きについては、異常な高温により障害が起きる品種もあります。例年の種蒔き時期では問題があり当店も種蒔き時期の変更をお願いしています。注意をしてください。
 野菜苗の販売が始まっていますが、白菜苗においては8月下旬からの種蒔きです。
とんでもなく早くから販売しているお店がありますが、高温障害の出る可能性があります。知識のない生産者か、早く売れるからと確信犯の場合もあると思いますので注意をして適期の購入・定植を心掛けましょう。
販売中の秋ジャガですが、朝夕が涼しくなり地温が下がってから、腐りを防ぐため切るのを我慢して丸ごと植える事をお薦めします。
 9月・10月は病害虫の発生も活発です。対処法はそれぞれの考えがありますが予防に心掛けてください。聞こえの良い安全性を強調した商品がありますが試してみて効果が無ければ対処法を変えましょう。YouTubeやネットにも色々な情報が出回っていますが首を傾げる情報も多数あります。全てが正しい情報では無いと思っていただき効果があれば継続をする事をお勧めします。もし疑問があれば当店にお尋ねください。
 ガーデニングですが、パンジーまでの期間を楽しむ草花苗の販売が始まります。
パンジーは11月からの定植が良いと思いますので購入を考えても良いかと思います。
秋のサルビア・マリーゴールド・ジニア・千日紅は暑い時期に比べ色鮮やかになりますので価値はあります。
現在、高温に強い植物を購入された方は朝夕の気温が下がったと思ったら思い切って半分位に刈り込んで新芽を出させる事をお勧めします。新芽が出始めたら肥料を与えれば11月のパンジーまでは充分に楽しめますよ。


# by tanetori | 2023-09-01 08:48 | 独り言 | Comments(0)

8月ですね。

 8月になりました。
毎日、暑い日が続いていますがキャベツ・ブロッコリー等の種蒔きが始まりました。
熱帯に近い環境の中で行う作業は人間にも野菜にも過酷です。出来るだけ快適な環境にして失敗のない様に心掛けて下さい。最近の種子はコート種子が多くなってきています。高温の場所で蒔いた場合に発芽不良になる場合がありますので種蒔き場所の環境には十分に配慮をしましょう。
購入した種子にしても温度と湿度に配慮したところに種蒔きまで保管をしましょう。
特に玉葱の種子はデリケートだと思いますので気をつけて下さいね。
種蒔き時期においては早く蒔けば早く出来るなんて考えは捨てて下さい。ちゃんとそれぞれの野菜に最適な種蒔き時期がありますので豊田では何時が最適かを確認して種蒔きをしましょう。収穫前になって嫌な思いをする場合もありますので注意事項を問い合わせして頂けばそれぞれの野菜についてお答えします。
 秋ジャガの種芋も販売が始まりましたが売っているから植え付ける時期と判断しないで下さい。地温が高い間は植え付けは出来ないので9月になり地温が下がり種芋の芽が出始めてからの植え付けをすれば失敗をする事は無いと思います。
種芋は出来るだけ大きさの揃ったものを購入しておけば芽の揃いも良く収穫の結果も良くなりますので心掛けてください。
 お盆明けからはキャベツ・ブロッコリー等苗の販売が始まります。定植時の病虫害の予防は絶対に考えておいてください。11月までの予防を心掛けた人は収穫の結果が良いと思います。
 人参・大根・法蓮草等の直播をする品目については雨が降らない場合にジョロ等で水をかけても発芽を的確にさせるだけの水量が確保出来ません。雨の降る前日に種蒔きをするとか畝間に水を流し込み畑の土が落ち着いてからの種蒔きをするくらいの水量が必要だと言う事を理解してください。
圃場の準備も、お盆前までに行っておけば余程発酵程度の低い堆肥でも定植までには障害が出ないと思います。堆肥でお悩みの方は何時でも問い合わせてください。
 ガーデニングですが、今月は我慢の月として植物の維持を考えて下さい。何時までの進歩の無い植物を売っている自分達にも責任があると思いますが。熱帯に近い環境でも育つ品種に転換する必要があるとは認識をしていますが不十分です。
9月上旬になり回復の兆しが出てきた植物から刈込や追肥をして秋に楽しみましょう。もしくは9月上旬に元気な植物に植え替え11月のパンジー等の植込みまで楽しみましょう。

# by tanetori | 2023-08-01 06:14 | 独り言 | Comments(0)