人気ブログランキング | 話題のタグを見る

7月です。

 7月です。
毎日すっきりしない天気が続いていますね。畑の野菜の生育はいかがでしょうか?
排水の理解が出来ている方は、かなりの確率で順調に菜園を楽しんでいるかと思います。そうでない方は良い機会ですので畑の状態画像を持って来店をしてください。
ちょっとした事ですが結果が激変する事もありますよ。
 この季節は先月も言ったように病害虫の被害が多発すると思います。薬剤で予防が1番ですがまず、雨が降った翌日の朝に野菜の地際の葉を水で綺麗に洗い流してください。出来れば水では無く殺虫・殺菌剤で洗い流せばかなりの効果ですが、水だけでも効果はあります。お試しください。
病害虫に関しては、予防を心掛ければ専門薬を使わないで菜園が楽しめると思いますので色々な薬剤を購入しなくて経済的だと思います。
 玉葱の収穫も終盤戦になり、いよいよ秋野菜の事が頭をよぎると思います。堆肥等の発酵物を投入する場合は播種・苗定植の1か月以上前にするか、販売店で発酵度合いを聞いて判断をして下さい。7月中旬より秋野菜の苗つくりが始まります。最近の気温は尋常ではありません。苗場で暑すぎて大きくならない事(高温休眠)や発芽不良を起こすケースがあります。特にコート種子は影響を受けやすいので注意が必要です。
苗場の環境つくりに関しては、提案をしますので聞きに来てください。
昨年よりオリジナル種まきの土の販売を始めています。今までの土と違い種蒔き作。業が非常に楽になっています。発芽後の生育もかなり良いと思います。ぜひお試しくださいね。
 ガーデニング作業は、酷暑の中耐える植物を選ばれた方は問題は無いかと思いますが、そうで無い方はとりあえず8月下旬まで枯らさない様にして、それからは回復して良くなると信じて愛情を注いでください。病虫害に関しては野菜以上にしっかり取り組む事をお勧めします。


# by tanetori | 2023-07-01 07:26 | 独り言 | Comments(0)

6月になりました

6月になりました。
夏野菜やお花は元気ですか? 今年の春は朝夕が涼しく管理が難しいケースが多かったと思います。
玉葱においては早生は何とか結果が出たが晩生種は玉葱が出来る前に葉が倒れたり・痛んだりして収穫を諦めた,と言うお話を多数聞きました。べと病等の可能性があったと思われます。2月から予防に心掛けた方や、発症はしたが迅速な対処で収穫まで出来たとの報告も聞いています。
1月から2月の乾燥により春収穫野菜の収穫時期のズレが多発して「こんな事は初めてだ」とか「いつも通りにやっているのにおかしい」とか色々な声が店に入ってきました。やはり農業は天候により大きく結果が変わるものだなと実感をしています。菜園を始めて数年が経ち、知識やテクニックがちょっと向上された方が一番大きな声を出しているように思えます。ベテラン農家は「毎年が勉強だ」と謙虚なお話をされますがまさにその通りだと思います。
菜園が自動車でも作っているのかと思えるお話をされる方もいて理解させるのに苦労する場合もありました。
 さて、畑の管理においてこの時期は、病害虫対策になってきます。YouTube等で夢の様な甘い言葉で色々な提案をいますが、是非試してみて下さい。現実が明確に分かると思います。安心・安全は大切な事ですから農薬を使う時は、お店でしっかり説明を聞き納得をしてからの購入・使用をお願いします。当店は天然物からできた薬剤や普通農薬までの販売をしています。劇毒物農薬の販売はしていません。その範囲で自分に合った方法で病害虫対策を選べるような提案をしますので来店をお願いします。何にしても病害虫対策は予防が一番だと認識をしてください。
健康な野菜であれば病害虫の発生確率も落ちるので土づくり・肥料にこだわった健康な野菜づくりをお薦めします。
色々な症状が出ると思いますので画像を持って相談に来ていただけると原因が分かり対処法を提案で来ますのでお願いします。
 ガーデニングでは、熱帯に近い夏に向かって暑さに強い植物を選んだ販売をしています。家の置く場所でもかなり変わりますのでお尋ねいただければ提案が出来ると思います。店頭にない植物も生産者からダイレクトに入手出来る可能性がありますのでお尋ねください。

# by tanetori | 2023-06-01 06:33 | 独り言 | Comments(0)

5月の作業

 5月になりました。
夏野菜の定植は、4月下旬~5月上旬と決めているお客様が来店されています。同じ時期に苗が枯れたと言って来店されるお客様とで忙しい日々が続いています。最低気温の判断を間違わなかった皆さんは成長が始まっているので楽しい管理の季節の始まりですね。
想定される管理は、西瓜苗等の摘心と交配・茄子や胡瓜やトマト等の仕立てがあるかと思います。沢山の作業があり、本当に楽しい季節になりましたね。ただ一番頭を悩ませるのは病害虫の被害が多発すると予想されます。発生してからではなく予防を心掛けてください。万が一、発生した場合は画像を持って来店をして下さいね。明確な判断と提案が出来ると思います。
5月と言えば、サツマイモの苗の販売が始まります。4月中旬から販売を始める量販店は問題外として寒さに弱いレベルは夏野菜以上なので経験のある皆さんはこれからの購入定植は当然のことと思っていますので、当店も安心して購入出来る苗を有名産地より仕入れますので宜しくお願いします。
 今年の春は、YouTubeで情報を入手して色々な質問をいただきました。自分も確認のために見る様にしていますが、やはり園芸専門店の動画においては内容とレベルに大丈夫ですか?と感じられます。それとは別にレベルの高い生産者の動画においては良い事を言っていると感心をしました。自分も趣味のYouTubeを見ますが参考になる動画といい加減な動画が沢山あり全てが正確な情報では無いと本当に思いました。スポーツ量販店の動画では絶対に商品の欠点は言いません。
天に向かって唾をかけるつもりで言いますが、皆さん自体が情報を精査して参考にする事をお勧めします。もし、納得のいかない事がありましたら当店にお尋ねください。本音でお答えするつもりでいますので宜しくお願いします。
 さてガーデニングの話になりますが、日本の夏に対応できる植物が驚くほど変わって来ています。今までの植物でも育たない事はありませんが、夏に痛んでしまい秋まで咲くとは言いにくいのが現状です。秋になって痛みが酷く再生をする事が無理なら、9月になって植え替える位の方が賢明だと提案をしたいと思います。
ただ、厚さに強い品種も入荷して来ますので使い分けをするのも良いかと思います。



# by tanetori | 2023-05-01 07:18 | 独り言 | Comments(0)

4月です。

4月になりました。
いよいよ菜園やガーデニングのシーズンの到来です。
現在、キャベツ・ブロッコリー・レタス等苗の販売が最盛期です。里芋・ショウガの種芋の入荷も始まっています。
ここで注意をして欲しいのは、里芋・ショウガ・夏野菜は寒さに弱いと言う事です。
分かりやすい目安は、最低温度です。10度以上に安定したら問題が無いと理解をして下さい。
大きな量販店等は、販売マニュアルで統一化した販売を行っています。そんなお店を信用して購入し嫌な思いを経験した皆さんは同じ過ちを繰り返さない様にしてくださいね。
既に定植圃場(畑)の準備は完了している方は問題ありませんが、これから準備をされる方は堆肥・元肥の情報をしっかり理解した上で準備をしましょう。低価格の堆肥・元肥は、未完熟なものが多く枯れてしまう危険性があることがありますので要注意です。圃場(畑)の準備で心配な方は問い合わせをして下さいね。

4月です。_f0202403_08152621.jpg
            画像は、生産中の茄子苗です。
 夏野菜についてですが、品種はそれぞれのお店で違います。家庭菜園の方が求めるのは作りやすく・美味しく・病気に強い品種だと思います。出荷用の品種は作りやすいは同じですが、味よりも見てくれを重視しています。ちょっと調べると良いですよ。
夏野菜苗は、接木のものがあります。価格的には高いですが非常に強肩な苗もあります。問題は台木の品種になりますが家庭菜園の方は気にしません。接木苗をお薦めしますが、台木の品種も興味を持ってくださいね。
生産方法や圃場(畑)の管理・栽培方法をYouTubeで色々な提案をしています。参考になる情報もありますが、非常に不完全か、いい加減な情報もあります。結果として失敗をしない方法は正解と思うくらいで真剣に取り組む事は危険な情報も多々ありますのでインターネットや素人が制作したテレビ番組を信用するのは危険だと思います。そんな時代になったと理解をして取り組みましょう。あえて信用のおける書物は当店として昔から言っていますが農業高校の教科書だと思います。おかしな事や疑問な事がありましたら気軽に問い合わせをして下さいね。
ジャガイモの定植も終わり、芽が出てくる時期になりました。おかしなテレビ番組で元肥と完熟堆肥を株間に入れろなんて放送をしていると聞きましたが全く必要はありません。沢山出ている芽の本数をそろえましょう。本数は土質によって変わりますが理屈として多ければ芋のサイズが小さくなると思って下さいね。
その後、土寄せをする土に追肥用の肥料を混ぜて2回もすれば良いと思います。
毎回言いますが、排水の配慮を心掛けてください。菜園のお客様に問い合わせを受け、圃場(畑)や作物の画像を見せてもらいますが首をひねるケースが多々あります。「毎年同じ事をしている」とか「去年は良く出来た」などと言われますが毎年、雨や気温変動は違います。自分は、機械を作っているのではないので毎年失敗をしない為には基本を理解してくださいと言っています。皆さんも考えてみてくださいね。
 さて、ガーデニングのシーズン到来ですが、YouTubeで一月長持ちをするパンジーの刈込なんて提案をしていましたがパンジー・ビオラは高温で間延びをします。やはり見苦しくなったら植替えが良いと思います。5月になれば夏の花苗の入荷も本格的になり楽しくなります。現在、販売中の品種は余分なスペースがあれば購入で良いのではないかと思います。当店は、切花用の苗と変わったガーデニング苗を揃えていますので興味のある方は見に来てくださいね。
他のガーデニング苗も随時入荷予定ですので、来店をお願いします。
春の菜園やガーデニングを正しい情報で楽しみましょうね。

# by tanetori | 2023-04-01 08:13 | 独り言 | Comments(0)

3月です。

 3月になりました。
ジャガイモの浴光催芽(芽出し)は順調に進んでいますか?
方法は先月に説明してありますので参考にして下さい。
全体的に芽が5mm以上になれば定植可能です。芽を確認の上、Mサイズなら二つ切りにして切り口に保護材か草木灰をつけて定植を行って下さい。毎年言いますが、元肥や石灰・堆肥は不要です。肥料は芽が出て来てから芽数をそろえて土寄せをする時に寄せる土に追肥用の肥料を混ぜて与えましょう。2回ほど与えれば問題なく収穫が出来ると思います。定植は4月でも問題なく収穫が出来ます。早く植えて遅霜で葉を痛めるよりは適期に定植してストレスの無い栽培をお薦めします。マルチ裁倍に挑戦される方はしっかり方法を熟知して行って下さい。当然の事ですが青くなったジャガイモを食べる事は危険ですので注意をして下さいね。
 気候にもよりますが雨の多い年の事も考え排水の配慮だけはしっかり行ってください。雨の翌日に畝間に水が溜まっていたら最悪です。おおむね野菜は排水の良い畑を好みます。意外と排水に関しての認識が低い方が多いのを最近気づきました。これはジャガイモだけでなく夏野菜にも言える事なので気を付けてくださいね。
 3月中旬よりキャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・レタス等の苗が入荷します。畑の準備を始めてくださいね。
とろろ芋の定植も3月下旬からが良いと思います。野菜種子も種蒔き可能なものが出て来ます。里芋・ショウガの種芋も3月末に入荷予定です。植え付けは4月中旬以降が良いと思いますので計画を立ててくださいね。
 店頭には告知をしていますが夏野菜は4月中旬以降の購入・定植を予定してくださいね。最低気温が15℃を目安にしておけば安全です。間違っても枯れたらもう一度買いに来るとか、キャップをかければ安全とかとんでもない事を言っている販売店とか量販店の購入は避けましょうね。定植前の圃場つくりは未完熟な堆肥や鶏糞・牛糞を直前では無く1か月以上前に投入をしましょう。定植後に葉先が痛むくらいで回復すればまだ救いがありますが枯れてしまっては最低ですよ。
病害虫対策も、あらかじめ予想をして予防計画を立てる事をお勧めします。一度、来店して当店としての提案に興味があれば参考にしてもらえると嬉しいです。
 ガーデニング用苗や切花用苗の入荷も順次始まります。興味がある方はぜひ来店をお願いします。



# by tanetori | 2023-03-01 07:59 | 独り言 | Comments(0)