人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2月になりました。

 2月になり、ジャガイモの種イモの販売が始まりました。例年も言うことですが北海道から今月入荷の種芋を購入しないと3月の定植時期には萎れてしまい、良い結果が出にくくなります。今月購入をして下記の画像の様にして窓越しに日光を当て、浴光催芽を行い5mmほど芽が出たら、芋の大きさに合わせて切り、傷口保護をして3月上旬から中旬にかけて定植をすれば定植後の遅霜の被害にあう可能性も低く、良い結果が出ると思います。
2月になりました。_f0202403_13471515.jpg
店の都合で極端に早い時期から販売をする事例が減ってきたと聞きますが未だに販売をしているお店の話を聞くと残念です。ただ購入をする方がいるから販売をしているとも言えます。春に向かって販売時期を自店の都合で異常に早く苗等を販売するお店に対して経験のある皆さんはクレームを出しても良いと自分は思っています。定植適期を守っている生産者の皆さんは必ずと言っても良いくらい好結果を出しています。慌てて定植をして嫌な思いをした経験のある方は同じ過ちを犯さない様にしてください。当店のHPやブログで豊田市における定植・栽培適期を出来るだけ提案していきますので参考にしていただければ幸いです。春野菜の苗の定植適期は4月中旬以降ですがそれに向かっての畑の準備は2月が最適かと思います。それぞれの畑で条件が違いますのでお悩みならいつでも相談はお受けしますのでお尋ねください。暖冬の年は、病害虫の発生が多いと聞きます。種蒔きや苗定植前のに何をしたら良いかをしっかり理解して対処をしましょう。
 ガーデニングにおいては切り花に出来る苗の入荷が2月より始まり花壇苗は3月下旬より寒さに強い品種から順次入荷予定です。本格的な定植適期はパンジー等の苗が高温になりヒョロヒョロし始めたらと思っていれば間違いは無いと思います。
 当店の今年のテーマは、「新しい発見」とします。新しい果樹・菜園・ガーデニングと触れ合う機会を出来るだけ多く作りたいと思います。最近のお手軽園芸番組は、余りにも基礎を無視をしていると感じています。用土・畑・農薬・品種等をしっかり理解させる30年以上前の育てる園芸を復活させたいと考えています。ラン・観葉植物等の販売形状を見ても使い捨て・コストダウンを考えた生産者の物を多く見かけまがそんな商品は必ず障害が出ます。育ててみたい願望のある方は、基礎から提案をしますので他店で購入をされたものでも大丈夫ですので当店にお持ちください。来店客が多い場合は後日になりますので、あらかじめ予約を取る事も大丈夫ですので連絡をいただければ幸いです。植物を育てる楽しみを皆さんに経験してもらえるように頑張りますので宜しくお願いします。

# by tanetori | 2020-02-01 08:12 | 独り言 | Comments(0)

今年も宜しくお願いします。

 新年、明けましておめでとうございます。
1月になり寒さが本格的になって来ると思われます。昨年末まで暖かく野菜の生育が早まり、2月出荷のキャベツがもう出荷されていると聞きます。2月に野菜不足にならないかと勝手に心配をしています。
菜園作業も収穫から春の圃場つくりに移って行く所と玉葱・エンドウ・春キャベツ等の生育途中の所に分かれていきますね。病虫害よりも鳥害対策をしっかりしましょう。収穫も終わり春の準備が出来る圃場は堆肥を早めに投入しましょう。しっかり土に馴染んで春の作付けが安心です。店頭には、エンドウの苗が並んでいます。1月中なら問題なく収穫が出来ると思います。玉葱も苗があれば定植可能です。2月に入ると豊田では生育が悪くなり良い結果が出ないと思います。ジャガイモの入荷・販売は2月からです。もう既に販売をしているお店があると聞きますがキタアカリ等の柔らかいジャガイモは早く購入すると萎れてしまって良い結果が出ない場合もあります。2月に芽出しの方法を提案しますので芽出しをして地温の上がった3月中旬の定植する事をお勧めします。早く植えれば早く出来ると考える人がいますがそれほど変わるとは思えませんので参考にしてもらえると嬉しいです。種を蒔くものとしてはトンネルの人参があります。確実な方法を提案しますのでお尋ねください。1月の菜園作業は少ないので色々な計画を立てたり情報を入手する事をお勧めします。2月に入るとハウス内限定が多いですが色々な野菜の種蒔き・苗つくりが始まります。無理な方は3月に苗を販売しますので予定をしておいてください。
 ガーデニング作業も1月は少ないと思われます。ここでも鳥害は予想出来ますので注意をしましょう。パンジー等は4月末までは確実に楽しめますので手入れを忘れないで下さい。葉ボタンは、花が咲いてきますので処分は皆さんで判断してください。
今年も、皆様に菜園やガーデニングで少しでも参考になる提案や情報をお伝えする様にしますので宜しくお願いします。

# by tanetori | 2020-01-06 17:06 | 独り言 | Comments(0)

今年も一年ありがとうございました。

 12月になりました。今年も一年ありがとうございました。
玉葱苗の販売も終わり、菜園作業は冬に向かっていきますね。この季節の注意は鳥等の被害を予測して対処をすることや,一部の野菜においては防寒の作業があるかと思います。エンドウ等は11月下旬蒔きをされた方は今月の定植で防寒対策は必要としません。ハウス栽培の野菜等はそれぞれの対応をしましょう。
玉葱定植を遅れた方や定植後枯れた方は、1月中までの定植なら収穫は可能ですので注文を頂ければ対応は出来ると思います。(但し、少量注文対応の為に送料等のご負担をお願いします。)
秋冬野菜の収穫が始まり、どんな結果が出ているかとても興味がありますが秋の異常な天候の為にもし問題が起こったなら画像か現物を持参の上の来店をお願いします。迅速な対応が出来ると思います。その時に不明なら数日以内に提案をしますのでご理解ください。
収穫の終わった畑には来春の菜園の為に堆肥の投入をお勧めします。その際に堆肥とはどういうものなのかという見識を深めた上で購入をお願いします。現在、堆肥と称して首を傾げたくなるものを販売している店舗を見かけます。どれだけ畑に投入しても一向に望む結果が出ない場合は、疑っても良いかと思いますので興味のある方はお尋ねください。
 秋の気候で生育がうまくいかなかったパンジー等のガーデニング苗もやっと例年の様に良質のものが入荷し始めました。暑くてかなりヒョロヒョロのものがありましたがもう大丈夫だと思います。随時入荷しますからお好みの花を見つけたら購入をお願いします。12月になると当店のお勧めの開花ホルモン未使用のシクラメンの販売が始まります。ご存じの方は当たり前の様に購入をいただいていますが、春まで間違いなく咲き続けます。ギフト用のシクラメンは購入直後が最高で年明けから観賞価値が下がり春までが咲きません。購入時は花数が少ないと思われるかもしれませんが家庭で楽しむことを前提に考えると満足してもらえると思っていますのでお試しくださいね。
 年末年始の菜園作業は、あまり多くはありません。こんな時こそ日ごろ疑問に思っている事や菜園の悩み等を当店に問い合わせてみてはどうでしょうか?土つくり・農薬・肥料・品種のことやどんな事でも結構ですからインターネットやテレビ番組で納得のいかない事も含め分かることは即答で、分からないことは後日必ずお答えしますので来店をお待ちしています。最後に来年からのナス・トマト等の春野菜だけではなく他店では買えない美味しい作りやすい品種をたくさん販売をしていく方針を固めました。産直の方から菜園の方にも目的にあった品種がラインナップ出来ました。皆様のご来店をお待ちしています。



# by tanetori | 2019-12-01 07:36 | 独り言 | Comments(0)

11月です。

 11月になりました。
近隣店では、玉葱苗の販売をかなり前からしていると聞きました。昨年、購入をされて花が咲いた方は早期の購入を控えていると聞きました。でも毎年、早く植えたがる方は忘れてしまっているのかと思わされる残念な季節になりました。
玉葱苗の購入の基本は根元が小指の半分以下位の太さまでの苗の購入をする事です。当店は、11月より玉葱苗の販売を開始します。店頭に並ぶ必要はありません。電話で注文していただければ大丈夫です。定植前、畑に堆肥や元肥を入れる場合は完熟で肥料当たりのしない物を選ぶか一月以上前に投入する事をお勧めします。定植後しばらくしてパタパタ枯れたと言って再購入の方の原因は、かなりの確率で畑作りの間違いだと自分は思っています。
機械的に投入をするのではなく万一遅れた場合は、当店に相談していただければ安全な方法を提案します。
今月の下旬位からのエンドウ・そら豆の種蒔きをお勧めします。早く蒔いて大きくなった苗は寒さに弱く冬に枯れてしまう事があります。園芸店などで大きな苗を販売している事が多々ありますが購入は控えた方が賢明です。
春キャベツの苗の販売も始まりますがこれも大きな苗は、花が咲く事がありますので信頼できるお店での購入をお勧めします。この様に菜園苗の販売でも産直が盛んにし始めました。ただ産直生産者の全てが専門の知識を持っているとは思えない、首をかしげる時期に販売をしているのが現状です。購入される前に皆さん自身でチェックをしてからか、当店に問い合わせていただければ正確な情報をお知らせします。売っているから大丈夫ではないと言う認識を持ってくださいね。
気温の低下とともにパンジー等の花壇苗の販売が始まっています。今年の夏の気温と台風対策でヒョロヒョロの苗が店頭に並んでいる場合があります。その苗はいつまでたってもガッチリとはなりません。購入の際は、価格が高くてもガッチリとした苗の購入をお勧めします。

# by tanetori | 2019-11-01 10:11 | 独り言 | Comments(0)

10月の園芸作業

 8月末にPCが壊れてしまいHPの復旧に時間がかかっていましたが10月22日に復旧しました。出来るだけ早く的確な情報を提案しますのでこれからも宜しくお願いします。
さて、10月になり秋野菜の種蒔き・苗の定植も終わり病害虫対策で忙しいと思います。11月になればこの作業も楽になってきますので後一か月ほど頑張ってくださいね。
秋の種蒔きや苗つくりでは、高温による発芽不良や定植後の秋ジャガが腐ってしまった等のお話を多数聞きました。もう日本が亜熱帯になっていると思っても間違い無いと感じています。今まで以上の高温に対する対処を考えないと失敗の可能性が高くなってしまうと思います。少しでも失敗をしない方法を考えて行きましょう。勿論、当店も対処法を提案しますので失敗をした内容を教えてくださいね。失敗事例から対処法を見つけ多数の人に提案をしていく事を真剣に考えさせられた9月だったと思っています。
 11月になると玉葱苗の販売が始まります。お客様から「去年の玉葱苗は、花が沢山咲いて困った。」と多数聞きました。当店のお客様ならご理解いただけると思いますがまず「当店で苗を購入されましたか?」と聞いたうえで回答をします。当店の苗の販売時期・大きさなら花の咲く確率はかなり低いのでその場合の対処法を説明しなければいけないからです。他店で購入の場合は、購入時期・苗の大きさ等を聞いて原因を説明して対処法を説明しています。
花の咲いた多数のお客様が他店での購入であり説明を聞いて「そんな良心的でない販売に怒りの言葉を発せられていました。」販売店自体が無知識な事が問題であり、どこで買っても同じという感覚を捨てる事を強めに話して理解をしてもらう努力をしています。お客様に言われて一番悲しいのが「100均で種を買ったが・」と言われることです。
心の中で「種子の価値の分からない人は買いに来なくてもいい」と言いながら対応しているのが本音です。日本の種子や品種開発能力は世界一だと言われています。最新の優良種子が100均にあると思いますか?
皆さんの価値観や知識が違うのを理解した上で言っていますのでさらっと流してください。
ガーデニング苗の入荷が酷暑の為に少ない現状です。10月になり気温の低下に伴って随時入荷予定です。ただ、パンジー等の苗の購入はかなり涼しくなってからの方が高温によってヒョロヒョロしなくなるので賢明です。
当店にも随時入荷予定ですので見に来てくださいね。

# by tanetori | 2019-10-01 08:29 | 独り言 | Comments(0)